logo_tf_s.png
2050年に521GW、国際標準化が進む洋上風力発電

洋上風力発電の急速な開発ペースによって、2006年に1GW未満だった世界の総発電容量は、2017年に19GW以上となり、さらに加速すると見込まれている。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、世界的な市場拡大には技術や安全面での標準化作業が欠かせないと指摘する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close