logo_tf_s.png
楽観的な需要予測でArupが和解金、豪有料道路事業

世界的エンジニアリング会社の英国Arupが、豪ブリスベン有料道路の破産管財人によって、交通需要の楽観的な予測が原因で事業破綻に至ったとして、約17億ドル(約1870億円)の損害賠償を求められた訴訟で和解が成立した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close