logo_tf_s.png
バリューアッド型の投資意向が拡大、海外インフラファンド(1)

海外インフラ投資ファンドやインフラ投資に積極的な年金基金について、米国のリーズン財団(Reason Foundation)が2017年10月に発表した「年次民営化レポート2017・運輸交通ファイナンス編」や、個々の投資ファンドの情報をもとに最近の動向を紹介する。(全3回)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close