logo_tf_s.png
コンセッション

インフラビジネスJAPANが報じたコンテンツから、「コンセッション」キーワードのまとめページ

  • 空港 コンセッション
  • コンセッション会社が旅行代理店も、南紀白浜空港(2019/07/12)

  • コンセッション方式で南紀白浜空港を運営している南紀白浜エアポート(和歌山県白浜町)は、このほど「第2種旅行業」(海外パッケージツアーを除き全て扱える旅行業)に登録して、旅行業務の本格稼働を始めた。コンセッションの任意提案業務だ。和歌山県による事業者選定の際、同社はエアライン(航空会社)の誘致活動の一環として、旅行業務を提案していた。

  • インフラファンド 展望
  • 福島隆則の「トレンド10」アベイラビリティ・ペイメント導入へ(2019/07/10)

  • 1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。 ■6月の「トレンド10」 ①アベイラビリティ・ペイメント導入へ ②愛知県と新国立、二つのアリーナコンセッションの行方 ③ジャパネットが推進するまちづくり ④英国水道の不祥事、アセットマネジャーの責任は ⑤日本では三セク水道運営に勢い ⑥生ゴミ資源化施設、公園観光施設でもコンセッション ⑦中央卸売市場、バスターミナルはPFI期待の新分野 ⑧FIT終了報道で市場混乱も真実は? ⑨海外の再エネ事業で日本企業が活躍 ⑩ファンドレイズは活発も、価格高騰が懸念材料

PAGE TOP

Close