サービス利用規約

「インフラビジネスJAPAN」のサービス利用規約は、ウェブサイトやメールマガジンなど、オンラインで取得できる情報に関して規定しています。

  • 第1条 規約の適用と本サービスの会員

  • 1)

    本サービスの利用には、株式会社イノベーション推進センター(以下「IPC」)が運営する「インフラビジネスJAPAN」のユーザーIDを取得して会員となる必要があります。

  • 2)

    「インフラビジネスJAPAN」の会員は、この利用規約を遵守するものとします。

  • 3)

    IPCは「インフラビジネスJAPAN」の1件の利用登録に対し、本サービスを利用する権利を1つのIDに付与します。

  • 4)

    会員は、1つのIDにつき1人分の本サービス利用権を有するものとします。複数人が利用される場合は別途、人数分の登録をしてください。

  • 5)

    会員は、IDやパスワードを貸与、売買、質入などすることはできません。

  • 6)

    会員は、本規約に基づき登録したIDやパスワードの管理、使用について責任を持つものとします。当該IDやパスワードの利用や管理によって発生する問題は、すべて自己の責任により解決するものとします。

  • 7)

    会員は、お勤め先やメールアドレスなどの登録情報に変更が生じた場合、速やかに更新するものとします。

  • 8)

    会員は、IPCが「インフラビジネスJAPAN」のサービス形態を変更するとき、または、運用を停止するときまで、本サービスを利用することができます。

  • 第2条 本サービスの内容と利用

  • 1)

    IPCは「インフラビジネスJAPAN」が提供する情報の正確性、有用性などについて保証しません。

  • 2)

    IPCは会員に対して、メールマガジンやお知らせメールを不定期に送信します。会員へのメール送信に際し、未送信、遅延、文字化け、同一メールの複数回送信などが発生しても、IPCは責任を負いません。また、会員が受信したメールを削除、紛失した場合、当該メールの再送信は行いません。

  • 3)

    IPCは提供する情報について、別途表示する場合を除き、著作権その他一切の権利を有します。

  • 4)

    会員が登録した個人情報は、IPCのプライバシーポリシーに従って取り扱います。

  • 第3条 サービスを利用するための設備

  • 1)

    会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器ソフトウエア、その他すべての機器を、自己の負担で準備するものとします。また、自己の裁量と費用で通信手段を選択し、本サービスを利用するものとします。

  • 2)

    会員が選択して使用する機器やソフトウエアおよび通信手段に対し、IPCは何ら責任を負いません。

  • 第4条 規約の変更

  • 1)

    IPCは自らが必要と判断した場合、会員の承諾を得ることなく随時、規約を追加、変更または削除することがあります。変更の効力は当該告知が掲載された時点から生じます。

  • 2)

    会員は、本規約を随時変更することや、本サービスの利用条件が変更後の規約に従うことを了承します。

  • 第5条 会員資格の取り消し

  • 会員が次の項目に1つでも該当する場合、IPCは当該会員へ事前に通知・催告することなく、本サービスの利用を一時停止または取り消すことができます。

  • 利用規約違反などにより、過去に会員資格が取り消されていることが判明した場合。

  • 登録内容に虚偽、誤記または記入漏れがあったことが判明した場合。

  • 本規約のいずれかに違反した場合。

  • その他、IPCが会員とすることを不適当と判断した場合。

  • 第6条 サービスの一時的な中断、サービスの終了

  • 1)

    次のような場合、IPCは会員に予告することなく本サービスを一時的に中断する場合があります。

  • 運用上、技術上、営業上、本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。

  • 地震、噴火、洪水、津波、火災、停電、戦争、暴動、騒乱、労働争議などによって本サービスが提供できなくなった場合。

  • 2)

    IPCは会員に予告することなく、本サービスを終了することができます。終了については、本サイト上またはIPCが選択する手段を用いて発表します。

  • 第7条 内容変更・一時的な中断・停止の補償

  • IPCは本サービスの内容変更、一時的な中断・停止によって発生した会員の損害について一切、賠償いたしません。

  • 第8条 損害賠償

  • 本サービスの利用によって会員が第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、IPCに損害を与えることのないものとします。会員が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によってIPCに損害を与えた場合、IPCは当該会員に対して相応の損害賠償を請求できるものとします。

PAGE TOP

Close