logo_tf_s.png
  • 横浜市/新劇場整備検討支援/参加申請6月4日まで(2018/05/25)

  • 横浜市政策局は23日、新たな文化・芸術施策の具体化に向け「横浜市における劇場整備検討の支援業務委託」の公募型指名競争入札を公告した。新劇場整備の事業化検討・事業推進は、2018年度からを期間とする中期4カ年計画の新規施策にも位置づけており、今回の業務で効果的な整備手法の調査などに着手する。参加申請は6月4日まで受け付ける。12日に開札する。

  • 区内15公園で基礎調査/Park-PFIを視野に検討/大田区(2018/05/24)

  • 東京都大田区は、Park-PFI(公募設置管理制度)を視野に、区内公園の整備・管理・運営の方針や利活用方策を検討する。1つの公園内に温水プールなど指定管理者が複数存在する状況を改善し、公園全体の一元的な管理運営や区民サービスの向上につなげたい考えだ。

  • リニューアルする関空伊丹、関西3空港一体運営(2)(2018/05/23)

  • 殺風景な場所が目立つ関西国際空港の第2ターミナルビルと違い、第1ターミナルビルでは、訪れた人を楽しませる工夫を随所でしている。その一つが、空港を通じて、日本文化を発信する取り組みだ。1階では任天堂のゲームを無料で体験でき、外国人を中心ににぎわっている。

  • 国交省、下水道コンセッション/事例踏まえ記載充実物価上昇対応も反映(2018/05/23)

  • 国土交通省は、下水道のコンセッション(公共施設等運営)事業の実施に関するガイドラインの改訂に向けた検討委員会を立ち上げる。『未来投資戦略2017』で指摘された、コンセッション方式における物価上昇時の対応や自治体出資の考え方を反映する。浜松市など国内の先行事例や海外事例を踏まえた記載の充実も図る。検討委員会は近く発足する予定で、2018年度内にガイドラインの改訂内容をまとめる。

新着記事一覧

一覧を表示する

PAGE TOP

Close