logo_tf_s.png
ピックアップ
  • フォーラム(7)着床式と浮体式、事業成功の鍵は?(2018/08/14)

  • 「未来のインフラ事業創造フォーラム コンセッションとグリーンエネルギー」から、講演の概要を報告する。パネルディスカッションでは、洋上風力発電事業を成功に導く鍵について、来場者と知見を共有した。モデレーターは、デイヴィッド・ポヴァール氏(アカシア・リニューアブルズ 代表取締役)。

新着記事一覧
福島隆則のトレンド10
hukushima-t.jpg

福島隆則(ふくしま・たかのり)

三井住友トラスト基礎研究所
PPP・インフラ投資調査部 部長 主席研究員

福島隆則の「トレンド10」 インフラの外資規制は必要悪か

1カ月の出来事から、インフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則・主席研究員が解説する。

■7月の「トレンド10」
①インフラの外資規制は必要悪か
②豪雨に酷暑、気候変動リスクはインフラの脅威
③アップルは自ら再エネファンドを立ち上げ
④日本でも民間主導の気候変動対策
⑤新たな環境リスク「廃プラ問題」も投資の力で解決を
⑥海外の水道事業参画は推進も国内は足踏み
⑦アリーナ・美術館に広がるコンセッション
⑧Q1のファンド低調は杞憂、インフラはKHよりMJ
⑨中国の携帯基地局会社が大型IPO
⑩売り切りからフィービジネスへの流れ海外で

ピープル

上下水道のコンセッション準備

酒井雅史(さかい・まさし)

メタウォーター
執行役員PPP本部長兼コンセッション準備室長
  • 上下水道30件の運営実績をコンセッションに生かす、メタウォーター

これからのPPP/PFI

宮本和明(みやもと・かずあき)

パシフィックコンサルタンツ技術顧問
東北大学名誉教授・東京都市大学名誉教授
  • これからのPPP/PFI(1)“混合型”でコンセッションの対象が広がる

『インフラPPPの経済学』

安間匡明(あんま・まさあき)

大和証券 顧問
  • PPPの効用と限界、『インフラPPPの経済学』訳者の安間匡明氏に聞く

人材コンサルタント

山口貴裕(やまぐち・たかひろ)

クロス 代表取締役
  • 再エネの人材動向「50代の未経験者」に高収入オファーが相次ぐ理由

南紀白浜空港の運営

岡田信一郎(おかだ・しんいちろう)

経営共創基盤
パートナー、マネージングディレクター
  • 「混合型」のスキームを南紀白浜で、経営共創基盤(2)
  • 南紀白浜空港は需要づくりから、経営共創基盤(1)

海外企業研究

片桐悠貴(かたぎり・ゆうき)

野村総合研究所
主任研究員
  • 海外企業研究(5)英国 Stagecoach Group:バス会社からモビリティオペレーターへ
  • 海外企業研究(4)スペイン AENA:世界最大の空港オペレーター
視点
  • 施設運営は「官から民へ」、人材は「民から官へ」

    内閣府や関係省庁は、公共施設等運営事業に関連する専門的知識と豊富な経験を有する専任の民間人材を公募して、責任ある立場で登用する――。未来投資戦略にはこんな一文が盛り込まれた。「官から民へ」の流れを加速させるために、人材を「民から官へ」動かそうというのだ。

インフラビジネスを理解するために

今月のワード

kawashima-m.jpg

川嶋まさみ(かわしま・まさみ)

みずほ総合研究所 社会・公共アドバイザリー部 主任研究員
  • 今月のワード:ソーシャル・インパクト・ボンド
  • 「成果連動型民間委託」とは、目標とした成果の達成状況に応じて委託費が連動する契約のことで、PFS(Pay for Success)ともいわれている。PFSのうち、民間事業者が投資家から資金調達するのが「ソーシャル・インパクト・ボンド」(SIB:Social Impact Bonds)である。

用語集

(あ行)

  • アセットアロケーション
  • アセットリサイクル
  • イルドコ(YieldCo)
  • インカムリターン
  • エクイティ

(ABC順)

  • BOO
  • BTO
  • EBITDA
  • ESG投資
  • FIT(固定価格買い取り制度)

PAGE TOP

Close